子どもを産める年齢が迫り、ダメ男と別れ結婚を決めた女性の話

子どもを産める年齢が迫り、ダメ男と別れ結婚を決めた女性の話

これは私が友人からうけた恋愛相談なんですが、友人はその時5年ほど付き合っていた彼氏がいました。私は旦那と結婚してすでに5年以上が経過して娘もいるような状態でした。友人は同級生で高校時代に仲の良かった人で、私が家族の都合で引っ越してからも手紙や電話などで長い間付き合っている友人でした。彼女の彼に会ってみたいなと思ったのがふとしたきっかけだったのですが、彼女の相談を受けている話の中ではどうしても私には彼はダメダメ君に思えたのです。パチンコのお金を借りたり、彼女をデートに連れ出すこともありません。食事にも行かず、彼女に作らせてばかり。土日は彼の家でしか過ごさない日々が5年も続いていたのです。普通ならとっくに切れてそうだと思いますが、彼女にとって彼が最後の男性かも知れないという思いがあったのでしょう。私には愚痴をこぼしつつかばっていました。

 

そして、彼に会わせてもらうことになったのです。食事に連れ出だされたせいか、作り笑いがみえみえの彼がやってきました。彼女を見ると私に見せる不安のない笑顔ではなく、どこか曇った不安のある笑顔でした。一目で私には彼らの感覚がずれていることがわかりましたが、彼女には特に何も言いませんでした。私にとって恋愛は自分で実感しなければならない経験だという風に思うからなのです。私自身、友人たちが強く反対や賛成もしたことがないので、経験しなければわからなかったことも多かったからです。そして、彼女はその後自分で結論を出すことになりました。女として結婚、出産するのに年齢を計算したりしたのだそうです。ご両親のこともあって彼女は決断したのです。

 

その彼女は別れてしばらくしてから職場の人にいい人を紹介され、そこからあっという間に結婚まで話が転がって行きました。彼が未練たらしいメールをよこしたそうですが、はっきり断ったそうです。女性にとって嫌でもついて回るのが年齢と子供を産むのに辛くならない年齢のほうがいいという点、彼女はこれで背中を押されたようです。